スマイルプロポーズ > ブライダルコラム > VOL.9 プロポーズ男子の基礎知識

VOL.9 プロポーズ男子の基礎知識
~ 結婚指輪、挙式、新婚生活、貯蓄…… みんなのバランスは? ~ブライダルコラム一覧へ

VOL.9 結婚指輪、挙式、新婚生活、貯蓄…… みんなのバランスは?

愛する人との結婚はとても幸せいっぱいですが、現実的には何かとお金がかかるものです。自分の思い通り自由にお金を使えていた独身時代とは違い、結婚指輪を買ってプロポーズをして、結婚式を挙げて、新婚生活をスタートさせながら将来の子どもや家のために貯蓄をして…… と、お金の使い道をアレコレ考えなくてはいけません。
とはいえ、何にどれくらいお金がかかるのか、結婚するためにどれくらい貯蓄しておくべきなのかということは、なかなか分かりませんよね。すでに結婚生活を送っている人たちは、どんなバランスでお金のやりくりをしているのでしょうか。より幸せな結婚生活を送っていくためにも、お金のことはきちんと理解していかなければなりません。
先輩夫婦たちの金銭事情を詳しく掘り下げていきましょう。

「婚約」~「新婚生活」までにかかる費用は600万円!?
一般的に、プロポーズをして婚約から新婚生活をはじめるまでにかかる費用の平均は約600万円といわれています。もちろん、婚約指輪の有無や結婚式の規模、新居の契約金などは人それぞれですが、新婚旅行や引っ越し代、新居で使う家具の購入などを考えるとある程度のまとまったお金が必要です。でも結婚したときのご祝儀などもあるので、それを見越して結婚式をするカップルも増えています。また、とりあえずまとまったお金は結婚した後に作るようにして、それから新居のことを考えるカップルも増えているので、結婚をするのに婚約指輪と結婚指輪、ご祝儀を見越した結婚式の費用で100~150万くらいの費用を目安にしているカップルも増えています。
挙式・披露宴にかかる費用は350万!
挙式と披露宴は最も費用がかかる!結婚費用の中でも最もお金がかかるのが挙式・披露宴です。
一般的に、挙式・披露宴にかかる費用の全国平均は350万円ほどといわれています。
もちろん挙式や披露宴の規模、ご祝儀の金額によっても費用は変わってきますが、それでも多額のお金がかかることは頭に置いておきましょう。
お料理や衣装代、引き出物などが内訳の大きい割合を占め、次いで写真撮影やビデオ撮影などのオプションによっても金額が変わります。
一生に一度の結婚式だからこそ、細部にまでこだわって素敵な式にしたいという希望から、はじめの予算よりも高額になってしまうケースもよくあるようです。
また、最近では結婚式を全て手作りで行ったり、少人数婚、1.5次会風、カジュアルスタイルにするうップルも増加していて、予算を抑えたり、個性的な演出をしたりと、手作りならではの楽しみ方ができると人気が高まっています。

なるべく低予算で、こだわりの結婚式を挙げたいという方にはオススメの方法です。
婚約指輪・結婚指輪の平均金額は?
プロポーズの際に欠かせない婚約指輪と、夫婦の証となる結婚指輪の購入資金にもまとまった金額が必要になります。

お給料3か月分ともいわれてきた婚約指輪の相場、今どきの平均的な金額は約20~40万円。宝石の大きさや、使われる素材などによっても金額は異なりますが、大きな買い物には違いありません。2人の結婚の記念となるものですから、奮発して購入する方も多いようです。

プロポーズの際に、婚約指輪が入った箱を目の前でパカッとされるシチュエーションに憧れる女性は多いもの。感動のプロポーズの瞬間を一生の思い出にするためにも、婚約指輪の用意は必須です。

また、夫婦の愛の象徴ともいえる結婚指輪の相場は平均的に約10~20万円といわれています。普段使いをするものなので、なるべくシンプルなものを選ぶカップルが多いのも特徴です。飽きがこずに、2人が気に入ったものを選ぶのがポイントとなります。

結婚指輪に使われる素材はいろいろな種類がありますが、とくに人気なのがプラチナです。

傷がつきにくく変色もしにくいため、長く愛用することができるところが人気の秘密。
新婚生活で使うお金のバランス
将来を考えて、貯金や計管理は大切です結婚費用の中でも最もお金がかかるのが挙式・披露宴です。
結婚してからの生活のお金のバランスは、やはり住居費が大半を占めます。
夫婦共働きの場合の内訳は「住居費25%」「食費15%」「通信費6%」「光熱費5%」です。
さらに、交際費や被服費、趣味娯楽、雑費などがそれぞれ3%ずつを占めます。

将来のことを考えると、少しでも貯金にまわす金額を多くしたいところですが、実際の気になる貯蓄の割合額は全体の収入の20%という夫婦が多いようです。

共働きで手取りが40万円の夫婦の場合、住居費は10万円、食費は6万円程度となり、月々8~10万円は貯蓄に回しているという計算になります。

また、結婚後の家計の管理の方法には大きく分けて「お小遣い制」「家計を先渡し制」の2種類になります。共働きの場合には、それぞれの収入をお互いで管理するという方法もありますが、多くの先輩夫婦は、お互いの収入を一緒にして管理することが多いようです。

金銭のことで夫婦間のトラブルを引き起こさないためにも、きちんと前もって話し合いをしておくことが大切です。

結婚生活をはじめるとなると、たくさんのお金がかかるものですが、挙式や新婚旅行、引っ越しが終わってしまえば貯蓄に回せる額も増えていきます。
幸せな結婚生活を続けていくためにも、お金のことはしっかりと管理していきましょう。

ブライダルコラムの新着記事

ブライダルコラムの新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ