スマイルプロポーズ > ブライダルコラム > VOL.11 プロポーズ男子の基礎知識

VOL.11 プロポーズ男子の基礎知識
~ お金がないと結婚できない!? 結婚に適した年収とは? ~ブライダルコラム一覧へ

VOL.11 お金がないと結婚できない!? 結婚に適した年収とは?

「年収が低いからプロポーズや結婚に前向きになれない」という金銭面の不安から、なかなか結婚に踏み切れない男性は多いものです。
確かに、結婚をするとなると婚約指輪や結婚指輪を購入し、結婚式を挙げて、新居に引っ越して…… と高額なお金が必要になります。これまでの貯金や、1年間の収入程度はあっという間に飛んでしまうでしょう。安定した幸せな結婚生活を送っていくには、愛だけではなくある程度のお金は必要不可欠です。
では、実際にはどのくらいの年収があれば結婚することができるのでしょうか。結婚とお金の関係についてお話をしていきます。

女性が望む「相手の収入」と男性の「平均年収」の差とは
一般的に、25~29歳の男性の現在の平均年収は、約350万円前後だといわれています。
一方、独身の20代女性が結婚相手の男性に望む年収は約600万円。
実際の男性の平均年収との差はおよそ倍の数字なのです。

しかし、これは理想であり、実際に25~29歳の男性で600万円もの年収を稼ぐ人はごくわずかです。一般的な平均年収に達していれば、問題なく結婚生活を送ることはできます。
収入に対してストレスに感じたり、後ろめたさを感じたりせずに、結婚に対して前向きに考えていきましょう。

年収350万円でも結婚はできる!
結婚は収入が少なくてもお互いに助け合えば大丈夫!収入が少ないと感じると結婚に対して、後ろ向きな気持ちが芽生えてしまうのは仕方のないことですが、年収が350万円ほどある方なら結婚をすることは十分可能です。

最近では、結婚後も仕事を続けていきたいという考えの女性が増えていて、女性が年収250万円を稼げば、2人合わせて600万円の年収になります。
未婚率や晩婚の割合が高くなっている現代では、女性自身が働くことに関しての前向きです。働き盛りのうちは、お互いを高め合いながら共働きを頑張っていきましょう。

また、結婚をして一緒に暮らしていけば食費は倍になりますが、家賃や光熱費などの生活費の負担は半分になります。夫婦で力を合わせて、家事を分担したり節約をしたりすれば、ゆとりある生活を送ることも可能なのです。

貯蓄にまわすお金は大切
目標に向けての貯蓄、計画的に楽しく家計管理を!「将来子どもが欲しい」「戸建てのマイホームを買いたい」などの目標がある場合には、しっかりと貯蓄を蓄えておくことが大切です。

子どもができると、これまで共働きをしていた生活が変わり、男性1人の収入で養っていかなくてはなりません。
さらに出産してすぐ育児も始まるので、以前と同じように女性が働きに出ることも難しくなります。育児にはお金がかかるので、子どもができる前にしっかりと貯金をしておくことが重要です。

また、将来的にマイホームの購入を考えているという場合にも、まとまった貯金がマストです。先のことだからと歓楽的に考えずに、将来のことを見据えた家計管理をしていきましょう。結婚生活において、夫婦の目標を設定することはとても大切です。大きな夢をもちながら生活を送ることで、日々の節約を楽しく行うことができます。

収入に見合った生活を心掛ける
結婚指輪や結婚式などで出費が多いですが、計画的に独身時代には、稼いだお金やプライベートの時間は100%自分のために使うことができますが、結婚をすると家族のことを考えてやりくりしなければなりません。
これまで自分の趣味や娯楽に費やしていたお金や時間は、ある程度少なくなるかもしれません。

また、結婚が決まったら婚約指輪や結婚指輪の購入、結婚式の計画などお金のかかることが次々と舞い込んできます。
ついつい相手を喜ばせようと高額な指輪を買ったり、豪華な結婚式をプランニングしたりとしたくなりますが、一度冷静になってしっかりと吟味することが大切です。
何年何十年と続いていく未来の結婚生活のことを頭に置いて、今の経済状況にふさわしいお金の使い方を心掛けていき、ふたりの生活が派手ではないけど楽しめるようにしていきましょう。

愛する彼からの「結婚してください」というプロポーズの言葉をかけられる瞬間は、多くの女性の憧れです。
「お金がないから結婚できない」と、結婚を先延ばしにされるよりも「ちょっと助けてもらうことにはなるけど、一緒に素敵な家庭をつくろう」と潔くプロポーズしてくれたほうが女性は喜びます。いつまでも煮え切らない態度を取り続ける彼に、愛想をつかして去っていく女性も多いもの。

年収のことがどうしても負い目に感じてしまうのは仕方のないことですが、年収アップのために一生懸命働くのは結婚してからでも大丈夫。奥さんと夫婦二人三脚で一緒に頑張っていけばいいのです。
お財布のひもを固くして、計画をしっかりと立てながら家計をやりくりすれば、幸せな家庭を築いていくことができます。幸せな家庭を目指して、結婚に一歩踏み切りましょう!

ブライダルコラムの新着記事

ブライダルコラムの新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ