スマイルプロポーズ > ブライダルコラム > VOL.12 プロポーズ男子の基礎知識

VOL.12 プロポーズ男子の基礎知識
~結婚指輪・婚約指輪の購入後も「メンテナンスコスト」がかかる!?~ブライダルコラム一覧へ

VOL.12 結婚指輪・婚約指輪の購入後も「メンテナンスコスト」がかかる!?

プロポーズをして結婚を誓い合ったふたりの愛を表す「婚約指輪」と、夫婦の証として永遠の愛を形にした「結婚指輪」は、ふたりにとって特別な一生の宝物となります。
ふたりにとって特別な婚約指輪や結婚指輪は、プロポーズを受けたときや購入したときの輝きをいつまでもキープしておきたいと思うのは当然のことです。
しかし、いくら大切に保管をしていても、長く愛用しているとどうしても美しい状態を保つのは難しいもの。傷がついたり、くすみが気になったりと指輪のダメージも目立ってきてしまいます。今回は、婚約指輪と結婚指輪のメンテナンスの重要性についてご紹介していきます。

「婚約指輪」今は知らないと思うけど以外と汚れやすい!
プロポーズの思い出や、ふたりの愛の象徴が詰まった大切な「婚約指輪」は、ダイヤモンドの輝きが魅力的です。美しいダイヤモンドがついた婚約指輪は、お出かけ時やパーティーシーンなどで活躍し、手元を華やかに演出してくれます。

しかし、日常的に使う場面が少ない婚約指輪でも、やはり時が経つにつれて傷や汚れはついてしまうもの。ダイヤモンドは傷がつきにくい宝石ですが、油となじみやすいという性質があるので、皮脂や化粧品などの油分によってくすんでしまうことがあります。

また、ダイヤモンドを留めているリングの爪部分にも汚れが溜まってしまうこともあります。美しい状態をいつまでもキープしておくには、保管時の環境を整えたり、アフターケアとしてお手入れをしてあげたりすることが大切です。

また、自分で婚約指輪のお手入れをしようとすると、ごく稀にある角度で強い力がかかった場合にダイヤモンドが割れてしまうことも。軽くふきとるくらいのケアならセルフでもできますが、きちんとしたお手入れはプロの手を借りると安心です。

「結婚指輪」はメンテナンスをこまめに!
メンテナンスの様子夫婦の証として、ペアでつける「結婚指輪」は、普段から左手の薬指につけているとう方がほとんどです。毎日身に着けている分、婚約指輪に比べると傷や汚れなどがつきやすく、さらに変形してしまうこともあります。また、妊娠などで体型に変化があった場合には、サイズが合わなくなってしまうことも。

普段の生活の中で、料理をしたり掃除をしたりと手を使って細かい作業を行うことは多いものです。その中で小さな傷ができてしまったり、スポーツ中に指輪が変形してしまったりというのはよくあるお話し。
また、結婚指輪をつけたまま温泉に入ってしまい、変色してしまったというお悩みを抱える方も多くいます。

どんなに細心の注意を払っていても、結婚指輪の傷や汚れを完璧に防ぐことはできません。
常に身に着けておくものだからこそ永く愛用するためにも、こまめにセルフケアをしたり、時にはメンテナンスに出したりして、キレイな状態をキープしていくことが大切なのです。

指輪の購入時にはアフターケアの充実度をチェックして!
生涯共にする婚約指輪や結婚指輪のイメージ婚約指輪や結婚指輪を購入する際には、デザインや金額などさまざまなポイントがありますが、アフターケアやメンテナンスサービスを行っているかどうかをチェックすることも忘れてはいけません。

いつまでも購入当時の美しさを保つためには、購入後のアフターケアがとても大切になります。ブランドによっても異なりますが、アフターケアやメンテナンスサービスで別途料金が多くかかる場合もあります。また、アフターメンテナンスが無期限で受けられるブランドもあります。
購入するときには説明もなく、購入後に説明を受ける場合があるので、サイズ直しやクリーニングなど、サービスの内容がとても充実しているブランドであれば、購入後に多くの金額かかることがなくなるだけでなく、生涯安心して婚約指輪や結婚指輪を使用できます。

ふたりの愛の証である婚約指輪や結婚指輪の輝きは、永遠の愛の誓いをより強いものにしてくれます。
指輪のメンテナンスをしっかりと行って、購入当初の新鮮な気持ちをいつまでもキープしていきましょう。

ブライダルコラムの新着記事

ブライダルコラムの新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ