スマイルプロポーズ > ブライダルコラム > VOL.19 プロポーズ男子の基礎知識

VOL.19 プロポーズ男子の基礎知識
海外セレブから学ぶ! 「婚前契約」は結んでおくべき?ブライダルコラム一覧へ

VOL.19 海外セレブから学ぶ! 「婚前契約」は結んでおくべき?のイメージ

海外セレブの間では、もはや常識となっている「婚前契約」。
日本ではまだなじみのない言葉ですが、実は結んでおいたほうがいいこともあるのです。
「そもそも婚前契約って何?」と疑問を抱いている方も多いと思うので、まずは婚前契約について知っておくことから始めましょう。
結婚前に知っておきたい婚前契約のメリットや効力などについて詳しくご紹介していきます。

「婚前契約」ってどんなもの?
婚前契約とは、結婚の約束をする前に、さまざまな条件を取り決めしておく契約書のことをいいます。
結婚している間の財産の取り扱い方や、離婚をするときの条件など、結婚生活を送る上でのお互いの義務などを公的な文書にしておく、ということです。
このような条件を前もって提示しておくと「万が一離婚をするときに役に立つ」という前提で交わされることが多いようです。
婚前契約のメリットとは
婚前契約をするメリットのイメージ先のような紹介だと、離婚することを前提に婚前契約を結ぶというようなイメージになり、マイナスな印象を受けることも多いでしょう。
しかし、婚前契約は離婚だけが目的ではありません。

結婚をする前に婚前契約を結ぶことで、相手の金銭感覚やお金に対する考え方などをお互い知るきっかけにもなります。
話題に出しにくいことをあえて話し合うことで、自分にとっても相手にとっても大切なことを話し合うことができるのです。

これを公的にするために、弁護士や行政書士に依頼して「公正証書」や「夫婦財産契約書」を作成してもらいます。
気になる! 「婚前契約」の効力とは
婚前契約を結んだ場合、その効力はどの程度なのでしょう。
基本的に婚前契約は、さまざまな条件を盛り込むことができます。
たとえば「誕生日は必ず一緒に過ごす」「浮気をしたら慰謝料は○円」など、基本的にはどんなことでもOKです。
ただし、夫婦財産契約書で対象となるものはあくまでも「財産」となり、財産に関しては契約の締結後に内容の変更などはできません。

そして、気を付けたいのがそれ以外の条件についてです。
財産以外の条件については内部的な契約となり、内容を自由に変更することができます。
「家事に協力しないなら罰金○円!」というような内容だと、変更が可能になってしまうので、よく注意をしておきましょう。
豊かな結婚生活を送る1つの方法として
婚前契約は「離婚の可能性を視野に入れて結んでおく」ということではなく「結婚後に問題となりそうなことをあらかじめ話し合っておく」という考え方を持つことが大切です。
いつまでも相手のことを想い合って、幸せな結婚生活を送るために、こういった約束事を結婚前にしておけば、円満な夫婦生活を送るきっかけになるかもしれませんね。
ふたりの将来の為の婚前契約のイメージ

婚前契約に興味をもった場合にはぜひ試して欲しいものですが、まだ日本には浸透していないこともあり、中には怪訝に思う方もいるかもしれません。
絶対に結んでおきたい! という言い方ではなく「こんなの知っている?」という自然な体で相手の様子を伺ってみることがオススメです。

ブライダルコラムの新着記事

ブライダルコラムの新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ