スマイルプロポーズ > ブライダルコラム > VOL.22 プロポーズ男子の基礎知識

VOL.22 プロポーズ男子の基礎知識
どのくらい節約すればいい? 結婚までに考えておきたい資金計画ブライダルコラム一覧へ

VOL.22 どのくらい節約すればいい? 結婚までに考えておきたい資金計画イメージ

「結婚にはお金がかかる」というのはよく聞く言葉ですが、実際にいつまでにいくらぐらい必要なのかということに不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
婚約指輪や結婚指輪購入、結婚式の資金、新居の準備など、細かく考えていくと目には見えないお金がたくさん動きます。
そこで、今回はこれから結婚を考えているという方に向けて、結婚式にかかる費用や準備期間など、結婚をするまでに考えておきたい資金計画の立て方をご紹介します。

結婚に必要な資金の平均って?
結婚に必要な資金の平均金額のイメージ
婚約指輪や結婚指輪の購入、結婚式の挙式代、新居への引っ越し、新婚旅行など、結婚に関係することを集めると、高額なお金がかかるもの。
目には見えないところでもお金がかかってくるので、気づかない間に貯金が底をついていたということもあります。

一般的に、婚約指輪の平均予算は25~35万円、結婚式の平均予算は300~350万円、引っ越しにかかる費用の平均予算は50~80万円、新婚旅行の平均予算は30~50万円だと言われています。
しかし、これはあくまでも平均の金額なので、すべてのカップルがこれに当てはまるというわけではありません。結婚式の準備をしている間に、どんどんとこだわりたいポイントが出てきて、当初の予算をオーバーしてしまったというカップルは多いもの。
自分たちがどの部分に特に力を入れるのか、どこを削るのかということを2人でよく話し合うことが大切です。

それでも結婚式の費用は、両親の援助やご祝儀などを差し引くと、新郎新婦の持ち出し分は50~100万円ほどで賄えるでしょう。それでも、すべてを合計するとやはり400~500万円は結婚までに必要だと考えられます。

結婚資金を貯めるための節約術
結婚資金を貯めるのに数年かけるというわけにはいきませんよね。結婚の決意をしてからなるべく早く結婚式を実現させるためにも、頑張って節約をしながら資金を貯めなくてはいけません。2人で貯金をしようと決めたら、まずは期限と目標金額を決めて、結婚資金用の共同の口座を作っておくといいでしょう。

そして、結婚資金を貯めるために節約できることといえば、まずは外食を減らすこと。
カップルでデートに出かけると、1日約5000円~10000円はかかるといわれています。
そのデート代や外食代を半分に減らし、夕食は自宅で一緒に作るようにすればかなり節約することができますよ。仕事や友達との付き合いで外食をしなければならないというようなこともあると思いますが、その際はなるべく1次会で切り上げるなどの工夫をしましょう。
また、お互いに一人暮らしをしているなら、結婚する前に同居を開始したほうが家賃や光熱費など生活にかかるお金を節約することができます。1人7万円ずつ払っていた家賃を、2人で10万円にするだけで月4万円の節約に。同居していたほうが結婚資金を貯めるという目的を共有しやすいので、計画どおりに貯金が進むはずです。

結婚式の純白のドレス

最近では、挙式はせずに入籍だけ行うというカップルも増えていますが、やはり女性にとって結婚式は大きな憧れです。純白のドレスに身を包み、愛する人との幸せな姿を両親や友達に披露したいと考えている女性は多いもの。
一生に一度の晴れ舞台ですから、力を合わせて結婚資金を貯めて、彼女の夢と美しい姿をかなえてあげましょう。

ブライダルコラムの新着記事

ブライダルコラムの新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ