スマイルプロポーズ > > プロポーズ準備・タイミングと場所 > お見合いからプロポーズ! どのタイミングですればいいの?

お見合いからプロポーズ! どのタイミングですればいいの?プロポーズコラム一覧へ

お見合いからプロポーズ! どのタイミングですればいいの? にイメージ

お見合いが交際のきっかけとなった場合、結婚を前提としたお付き合いであるケースが多いと思います。この場合、いつプロポーズすべきなのだろうかと考えてしまう方もいるかもしれませんね。
結婚を前提としたお付き合いとは言え、きちんとプロポーズしてから結婚準備へと進みたいものです。タイミングを逃さないためにも、プロポーズについて考えておきましょう。

お付き合い後の交際開始は結婚準備のスタート!

お付き合い開始は結婚準備のイメージ

お見合いをして、「この人となら結婚を意識しても大丈夫」と感じたからこそ、お付き合いをスタートさせるのが、お見合いの最大のポイントです。
お付き合いがスタートしたということは、お互いをパートナーとして見極めながらも、結婚に向かっての準備もスタートしたということになります。
そのためプロポーズのタイミングを逃してしまうと、結婚自体がなかったことになる可能性もあります。逆に、プロポーズしないままになんとなく挙式に向けた準備が始まってしまうということにもなりかねません。

どのくらいの交際期間が妥当?

交際期間のイメージ

恋愛結婚の場合、個人差はありますが一般的に2~3年の交際期間を経て結婚することが多いようです。しかしお見合いの場合はそもそも結婚が前提なので、一般的な交際期間よりも短いことが多いです。
3か月から半年ほどお付き合いをして、1年経つ前にプロポーズというのがスムーズな流れでしょう。
あまり待たせすぎてもいけませんし、かといって早すぎてもお互いを知らな過ぎて失敗しかねません。お互いの気持ちが固まる1年をめどにするといいでしょう。

カジュアルなカップリングの場合は自由恋愛と一緒

お見合いのイメージ

お見合いと言っても、最近は「街コン」のようなカジュアルなお見合いシーンも増えています。
そういったカジュアルなお見合いを通じて出会った場合は、一般的な恋愛と同じように自由恋愛としてお付き合いを進めていきます。
この場合は特に結婚を急ぐ必要はなく、お互いが納得するまでお付き合いをしてからのプロポーズがおすすめです。

プロポーズは誠意を見せて!

プロポーズは誠意のイメージ

お互いに結婚の意志が固まりつつあるようなら、それがプロポーズのタイミングです。
このタイミングを逃してしまうと、いくらお見合いだからといっても相手に愛想を尽かされてしまうかもしれません。
「そろそろ結婚をしたい」という気持ちをしっかりと伝えて、相手の気持ちを確認しましょう。
一方的に結婚の話を進めてもうまくいくものも、いかなくなってしまいます。
交際期間はあくまでも目安として考え、自分たちの気持ちを尊重しましょう。

エスコート術の新着記事

エスコート術の新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ