スマイルプロポーズ > > 海外プロポーズ事情 > vol.8 台湾のプロポーズ

vol.8 台湾のプロポーズプロポーズコラム一覧へ

台湾の恋愛事情について
台湾の恋愛事情について 台湾人は恋愛に対して積極的なようですが、告白するタイミングはお互いに確信を持ってからと慎重なようです。
また、友達に彼女を紹介するのは当たり前なので、男友達の遊びにも彼女を連れて行く人が多いようですね。
友達同士で彼氏彼女を紹介する台湾では友達作りのチャンスがとても多いといえます。ただ、恋愛関係があいまいになりがちな点もあります。異性と食事に行ったりということも結構あるのです。ですが、友達や彼、彼女を大事にするので人間関係が円滑ともいえるでしょう。 また、台湾人に恋人の理想の職業を聞いてみると男女とも「公務員」でした。台湾は安定志向が多いようです。家庭や恋人重視の台湾人らしい結果ですね。
台湾の男女関係について1
台湾の男女関係について1 台湾人の女性は気が強い方が多く、男性はやさしい方が多いですね。
日本では昔から男尊女卑という考え方があるので男性優位の社会でしたが、最近では日本も変わってきていると思います。
しかし今でも男性が女性をひっぱっていくイメージが強いし、そんな男性が実際モテている気もします。
逆に台湾では逆の傾向が強いですね。台湾の男性と女性の付き合い方は、女性の方が優位といえます。男性は女性の頼みを聞いたり、学校にお迎えの車を出したりと、とにかく大変です。レディーファーストの文化も伴っているので、女性にとってはとても良い環境です。
台湾の男女関係について2
台湾の男女関係について2 台湾では彼女の送り迎えは欠かせません。学校や会社、彼女が遊んだその場所までも迎えにいきます。彼女を大切にし、とても優しくしてくれます。台湾人女性も、男性は女性に尽くすものという意識があります。日本人からしたら嫉妬深いとかしつこいと感じてしまいますよね。
でも台湾人の恋愛のしかたは尽くして尽くして、というような感じです。男性が女性に対して最大限の優しさを見せなければいけません。世界各国でもレディファーストの習慣がある国はありますが、台湾の恋愛観では特に女性をいたわって大切にしています。それが男性の器の大きさや心の強さ、真剣さを表わしている、という考え方もできますね。
また、台湾では付き合う異性を親や親戚に紹介するのがとってもフランク。紹介するといっても結婚などの特別な意味はありません。親と同居している家に彼女を泊まらせることさえあります。
台湾のプロポーズ・婚約に関して
オランダの結婚準備について 台湾でも日本と同じく、婚約の時に婚約指輪を渡します。
ですが日本のようにダイヤの指輪は一般的ではなく純金の指輪を婚約指輪とします。また、日本の結納にあたる婚約式という式があって結婚指輪もその時に渡します。結婚指輪をあらかじめ婚約式で交換して、結婚式ではお互い始めから指にはめておきます。婚約式では「餅」やアメ、衣服、「金飾」さらに豚肉や鶏肉などの品物を交換しますね。婚約式で交換する「餅」ですが、これは日本で言う「餅」ではありません。台湾で「餅」といえば小麦粉で作った平たい形をしたお菓子のことです。中にはあんこが入っていたり、肉が入っている惣菜のようなものもあります。
台湾の結婚式について
台湾の結婚式について 古くから赤い色が縁起がいいとされている台湾。赤は太陽の色でもあるし、血の色でもあります。生命力や不老不死の色としても愛されてきた色です。なのでお祝い金は赤い封筒に入れます。さらに日本とは逆に偶数が縁起がいいとされているので、金額は偶数でなくてはいけません。
花嫁はベンツやBMWと高級車でお出迎え。2台・4台・6台など縁起かつぎのため車の台数も偶数です。新婦を迎えに行き、新婦が車に乗った後、扇子を捨てなければならないのですが、これは結婚前のわがままな心を象徴していて、結婚前の我侭を捨てるという意味で行われます。
結婚することが決まったら、年配の方々が金の装飾品を送ってくれます。それらは結婚式の当日に身に着けなくてはなりません。戦争が多かった歴史を持つ台湾では一般の人たちは金を買うことを好み、価値を維持できる金に憧れや未来を託していました。ですので金は苗字として使われるなど、縁起の良いものの代表格となったのです。結婚式ではそのため金の装飾品を身に付けます。

海外プロポーズ事情の新着記事

海外プロポーズ事情の新着一覧へ

プロポーズに贈りたいリング

ブライダルジュエリーをもっと見る

婚約指輪サプライズプロポーズ、彼女と一緒に選びたいアナタへ

婚約指輪をもっと見る

Pocket

ページトップ