プロポーズ男子の失敗経験・エピソード

プロポーズ男子の失敗経験・エピソードのイメージ

20周年を迎える「銀座ダイヤモンドシライシ」では、婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際に想いを重視してお客様と接しています。そのため、いろいろなエピソードがあります。プロポーズの失敗事例から学んでプロポーズを成功させられればと、今回は一般的なプロポーズの失敗事例などをアンケートで募集した内容を紹介します。

 

プロポーズを失敗したことある人は25人に1人の割合

理由は、「自分の勘違いみたいな空気に(31才)」「自分だけの走りすぎ(23才)」という「先走り」パターンや、「やり直しといわれた(35才)」「ムードのない場所だったのでやり直しを言い渡された(26才)」という「やり直し」パターンがみられた。タイミングと演出は、やはり重要なポイントのようです。

プロポーズを失敗したことある人は25人に1人の割合のイメージ

 

 

25名のプロポーズに失敗した理由

■勘違い

自分の勘違いみたいな空気に
自分だけの走りすぎ

 

■タイミング

打ち上げ花火が時間通りに上がらない
まだ早い
タイミングミス
タイミングがなかった
親に邪魔された

 

■やり直し

まだ結婚には早いと断られた
緊張しすぎてぐだぐだになってしまい、後日やり直しとなった
ムードのない場所でやり直しを言い渡された
やり直しと言われた

 

■玉砕 あっさり振られた

告白して振られた
告白して振られた
振られた
断られた
相手に断られた
ふられたこと
付き合ってくれと言ったら断られたことが何度もあった
プロポーズにつもりだったのに相手が本気にしてくれなかった

 

■ミス

指輪を渡そうとしたら指輪がケースに入っていなかった
家でプロポーズしたこと
緊張して噛んだ
ストレートすぎる表現
付き合うまでの過程のプロポーズ

 

その他のプロポーズ事例

サプライズプロポーズを実行して失敗したり、成功したり、人によっても異なってくることでしょう。一般的な調査の結果では、90%の人がプロポーズに成功しています。人生の一大イベントなので、他の人の事例を参考にプロポーズを頑張ってください。 冒頭でも記載したようにブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」や「エクセルコダイヤモンド」ではお客様の想いを大切にして接客をしています。今までの二人の歩んできた想い、これからの想いを婚約指輪や結婚指輪にと、お客様の声に耳を傾けています。そんなブランドだからこそ、接客でお客様から聞いたエピソードは数多くあります。 ブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」や「エクセルコダイヤモンド」で本当にあったプロポーズの事例を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 詳しくは「体験記・感動エピソード」のページをご確認ください。