プロポーズを台無しにしてしまうハプニングとは?

プロポーズを台無しにしてしまうハプニングとは?のイメージ

プロポーズは、男性にとっても女性にとっても、生涯に残る思い出の瞬間です。ですから、かっこよく決めたいところ。しかし、プロポーズは思わぬハプニングで、スマートにいかなくなる場合もあるので注意が必要です。そこで今回は、予期せぬプロポーズのハプニングをまとめてみました。これから、プロポーズしようと思っている男性陣は、気を付けてください。

 

プロポーズだと気づかれなかった

プロポーズは、はっきりと『結婚してください』と伝えるのが一番です。しかし、中途半端な言い方をしてしまったがために、プロポーズだと気づいてもらえないケースも珍しくありません。例えば、『俺の味噌汁を作ってくれ』みたいなワードです。他にも、かっこつけた言い回しをしすぎて、分かりにくくなることも多いと思います。勘のいい女性なら気づいてくれるかもしれませんが、もし、女性がスルーしてしまったら、今度はどのタイミングでプロポーズすればいいのか難しくなるのでご注意を!

 

指輪のサイズを間違ってしまった

プロポーズには、指輪がつきもの。ところが、サプライズでプロポーズするとなれば、指輪も内緒で用意しなければなりません。彼女にサプライズを悟られてはならないので、指輪のサイズを聞くわけにはいきません。
したがって、こっそり指輪のサイズを測らなければならないのですが、そうすると『実際に指にはめようとしたらサイズが合わなかった……』というハプニングが起こってしまいます。もし、こんなハプニングが起こってしまったら、プロポーズがしらけてしまう可能性があります。しかも、指輪の購入費用も無駄に。
そんなハプニングを避けるためには、プロポーズの際は指輪以外のアクセサリーを贈る、もしくは花束を贈るなどする方法もありますが、プロポーズはやはり指輪・ダイヤモンドにしたいという方には、次の方法がおすすめです。

 

どうしても指輪を贈りたい「プロポーズリング」

銀座ダイヤモンドシライシの「スマイルプロポーズリング」であれば、サイズ調整が可能。プロポーズの時に彼女の指輪のサイズを気にすることなく薬指に着けることができます。
実際の婚約指輪にするときには、ふたりでデザインを選べるだけでなく、指輪のサイズをリングゲージで測って、納得したサイズで婚約指輪を作ることができるので安心です。
プロポーズ時に使ったスマイルプロポーズリングは、カラーストーンを留めて、記念のプレゼントとして使えますので、生涯忘れられない、特別なリングになることでしょう。

 

「ダイヤモンド」だけでプロポーズ

エクセルコ ダイヤモンドの「ローズボックス」であれば、プロポーズの際にダイヤモンドだけを贈り、あとで彼女好みのリング部分を作ることができます。サイズも彼女に合わせて作ることができるので、サイズ選びに失敗する心配もありません。
エクセルコ ダイヤモンドでは、10本のバラの中にダイヤモンドが入った「ローズボックス」と呼ばれるケースを利用することが出来ます。
ボックスの周りには10本の小さなバラ(ビビアンローズ)がセッティングされています。誓いを託したダイヤモンドをセッティングすると、初めて11本目のバラが揃い、パートナーに贈る「最愛」という意味が生まれます。
美しく光輝くダイヤモンドは、一生に一度のプロポーズの瞬間を上質なひとときへと導いてくれるでしょう。

 

天気が急に崩れてロケーションが台無しに

サプライズプロポーズは『美しい観光スポットで』とか、『美しい夜景をバックに』のように、ロケーションも重要です。しかし、予期せぬ悪天候で、せっかくのロケーションが台無しになってしまう場合があります。当日の天気予報では快晴だったとしても、起こり得るハプニングですから、しょうがないかもしれませんね。ですので、サプライズプロポーズは、天候に左右されない計画をした方が無難です。例えば、『ゴージャスなレストランで』とか、『リッチなホテルの一室で』、『プラネタリウムで』とか、『水族館で』etc.といった室内で行うなどです。

プロポーズを台無しにしてしまうハプニングとは?のイメージ
今回はサプライズプロポーズでありがちなハプニングをまとめてみました。せっかくのプロポーズをハプニングで台無しにされないように、さまざまな事態を想定して計画を立ててください。