vol.1 海外プロポーズ事情

vol.1 海外プロポーズ事情のイメージ

今回は、ヨーロッパの色々なプロポーズについて伺いました。 まず、デンマークの一般的なプロポーズです。 お話を伺ったのは、デンマークの大学院生、エリーネ・ラーベック=グレルさんです。

 

デンマークでは、男性、女性、どちらからプロポーズするの?

デンマークでは、男性から女性にプロポーズするのが一般的。
でも、女性からだってプロポーズすることがありますよ。例えば、プロポーズを待ちくたびれた時なんかにはね。

 

どんなプロポーズをするの?

デンマークの男性のプロポーズは、千差万別。
こ中には、結婚したいと思っている相手のお父さんにお許しを得てからプロポーズをするなんて言う人もいますよ。
そういうスタイルを取る人が多いためか、オランダでも「登録パートナー制度」という法律を導入しており、こちらに登録することで法的に夫婦と同じように扱ってくれるというものです。
でも、一番一般的なのは、ロマンチックな雰囲気の中、ここぞと思う時が来たらひざまづいて指輪を渡し、プロポーズすると言うパターンです。
でも、カップルによっては、子供ができたからそろそろ結婚しようかなんて言う場合も有るので、全部が全部こう言ったプロポーズをするわけでも無いんですね。

 

どんな場所でプロポーズするの?

プロポーズをするのに一番よく使われる場所ですが、レストランや、リゾート地、人目につかないビーチなどが多いですね。
でも、2人っきりになれる場所と言うことで、家でプロポーズする人も沢山いますよ。

 

プロポーズについて、デンマーク特有の習慣があれば教えて!

デンマークでは昔から、2月29日だけは女性からプロポーズできることになっているんです。
この日にプロポーズされた男性がプロポーズを断る場合は、相手の女性に手袋かストッキングを12枚プレゼントしなければならないことになっています。
でも、最近はこんな古い習慣を守る人はいないですね。

 

ありがとうございました!
お国が違えば、プロポーズも色々有るんですね。
エリーネさんには、実際どんなプロポーズを受けたかも伺いました!