プロポーズが成功したら結婚前にふたりで話し合うべきこと

プロポーズが成功したら結婚前にふたりで話し合うべきことのイメージ

感動的なプロポーズがみごと成功!二人の結婚が現実的になってきた一方で、結婚するまでにカップルが話し合うべき事柄がいくつかあります。
ここでは、プロポーズが成功した後にふたりが話し合うべき事柄をいくつかご紹介します。

 

お金・家計のこと

お金についてはなかなか話しにくいのが実情です。ですが、一番大事な面でもあり今後幸せな家庭を築いていくためには、欠かせないポイントです。
借金、貯金の有無、今までどのようなことにお金を使ってきたかなど、細かく話していきましょう。
結婚後はどのようにお金を使って、どこを削るのかなど二人の使い道も計画を立てておくことが大切です。

 

実家のこと

結婚するとお互いの家族との付き合いが増えるもの。
これから、または結婚後からどのように家族と付き合っていきたいかを話し合っておきましょう。
どちらか片方の両親と同居する可能性ももちろんあります。しかし、何も話さずに当然かのように同居の準備をしたり、されたりしてしまうとケンカになりかねません。
プロポーズをしたら、お互いの実家のこと、両親の健康状態、また両親の考えなども話し合っておくことが大切です。

 

結納のこと

結納は、最近では行われないことが多く、話に上がらないまま結婚式に至ってしまうこともあるでしょう。
女性の中には「結納もきちんとしたい」と考えている方もいます。しかし、女性側からはなかなか切り出しづらいものですから、話し合う項目として事前に用意しておきましょう。
結納にも形式を重んじたものから、略式の簡単なものもあります。お互いが良いと思う方法を選ぶようにしてください。

 

結婚式の準備や二人の暮らしのこと

プロポーズが終われば、もちろん結婚式の準備や、入籍、両親への挨拶など、やることはさまざまあります。
しかし、結婚式の準備はもちろんですが、それと同時に「どこで暮らすのか」「子どもは何人欲しいか・どのように育てたいか」「仕事・勤務について」など、結婚して暮らしていくうえで密接に関係する事柄を話し合っておきましょう。
特に、勤務場所や住む場所、子どもの予定などはご両親に挨拶に行った際にも尋ねられることが多いです。そのときにはじめて意見の食い違いが発覚したり、口ごもったりしてしまうと、両親が不安がるばかりか、後でケンカになってしまう恐れがあります。
しっかりと、結婚生活をイメージして細かい点を話し合うことが大切です。

ベンチに座る男女のイメージ

 

プロポーズが成功したら、どうしても結婚式や結婚指輪、両親の挨拶などに注意がいってしまいがちです。
しかし、プロポーズ後、結婚前だからこそ話し合っておくべき点は他にもあります。
ここで紹介した点を参考に、幸せな家庭を築けるようにしてくださいね。