プロポーズの流れと準備しておきたいこと

プロポーズの流れと準備しておきたいことのイメージ

西洋スタイルの生活が当たり前になった今、レディファーストくらいできないと、洗練された大人の男性とは言えないかもしれません。
レストランでのプロポーズは定番中の定番。
天候に左右されることもありませんし、店員さんも協力してくれるので、安心してプロポーズができます。
では、プロポーズの場所をレストランに決めたら、そこからプロポーズ当日まではどうしたらいいのでしょうか。
また、当日はどんな流れでプロポーズに持っていけばいいのでしょうか。

 

【プロポーズ当日まで】

1. プロポーズするレストランを決める

まずはプロポーズをするレストランを決めます。
人気店の個室はすぐに予約が埋まってしまいますから、2~3か月前には目星をつけておき、1か月前までには予約を済ませておくと安心です。
プロポーズプランを用意しているお店もあるので、プランを考えるのが苦手な人はプロポーズプランがあるレストランを選ぶといいでしょう。もちろん、2人の思い出のレストランでも◎
  
プロポーズ演出が出来るレストランもあるのでこういったものを参考にしてもいいでしょう。
プロポーズ演出が出来るレストランの詳細ページへ

 

2. プレゼントや婚約指輪を用意する

プロポーズで婚約指輪を渡す予定なら、早めに婚約指輪もリサーチして購入しておきましょう。オーダーで作る場合は時間がかかりますから、2~3か月前には準備をしておいたほうが良いですね。
また、婚約指輪以外のプレゼントを用意する場合にも、1か月前には何を渡すか決め準備しておきましょう。

 

3. 演出を考えて店員さんと打ち合わせをしておく

予約したレストランにプロポーズをしたい旨を伝えておき、どんな演出をしたいのか店員さんと相談をしておきます。大体のお店では店員さんが演出に協力してくれるはずですから、店員さんにお願いしたいことを伝えておきましょう。

 

演出を考えて店員さんと打ち合わせをしておくのイメージ

 

【プロポーズ当日】

1. プレゼントをレストランに預けておく

当日はまず一人でレストランに赴いて、プレゼントを預けておきます。婚約指輪などは前日までに預けておいても構いませんが、花束などを渡すつもりなら当日に持っていかなければいけません。

 

2. レストランで食事をする

彼女と待ち合わせをしてレストランに向かい、食事を楽しみましょう。
あらかじめコースを決めておくとスムーズです。このときはリラックスして、お酒を飲みすぎないように気をつけてください。

 

3. いざ、プロポーズ!

食事を楽しんだあとは、いよいよプロポーズです。タイミングはデザートを運んできてもらうときがベスト。サプライズにしたい場合は食事の前でも構いませんが、食事が終わって満足感があるときにプロポーズをしたほうが成功率もアップしますよ。

 

いざ、プロポーズ!のイメージ

 

レストランプロポーズの流れは大体把握できましたか? ぜひ、素敵なプロポーズにしてくださいね。