婚約指輪の基本的な4つのデザインについて

婚約指輪の基本的な4つのデザインについてのイメージ

婚約指輪は、二人の愛を象徴する大切なアイテムです。

プロポーズの際に渡すとなると、事前に用意する必要がありますが、婚約指輪の知識が無いと、何を選んでいいのかさっぱりわからず、混乱してしまうかもしれません。

婚約指輪の基本的なデザインは「ソリティア」「メレ」「パヴェ」「エタニティ」の4種類。

それぞれの特徴を抑えておけば、婚約指輪選びの際に役立つでしょう。

ダイヤモンドの魅力を活かすリングのデザインのイメージ

 

ソリティアデザイン ~シンプルで上品~

ソリティアのイメージ

 

ソリティアデザインの特徴

ソリティアデザインの婚約指輪は、一つの大きなダイヤモンドを中心に据えたシンプルなデザインが特徴です。このダイヤモンドは、リングの魅力を最大限に引き出す役割を持ち、光を美しく反射して輝きます。ソリティアデザインは、その洗練されたシンプルさから、どんなファッションや場面にも合わせやすく、永遠の愛を象徴するデザインとして人気があります。上品で普遍的な美しさを求める人に最適です。

また、ソリティアデザインはどんな装いにもなじみ、日々の生活の中で自然に身につけられるのが大きな魅力です。

 

メレデザイン ~独特の輝き~

メレデザインの特徴

メレデザインの婚約指輪は、小さなダイヤモンドを使って大きなダイヤモンドの周りやリングのバンドに散りばめるデザインです。この技法により、リング全体が華やかに輝き、より豪華な印象を与えます。小さいダイヤモンドが集まることで、光をたくさん反射し、指輪全体が明るく見えるのが特徴です。メレデザインは、細部にまでこだわりたい人や、繊細でエレガントなデザインを好む人にぴったりです。

 

パヴェデザイン ~華やかな輝き~

パヴェデザインの特徴

「パヴェ」とは、フランス語で「舗装された」という意味です。パヴェデザインの婚約指輪は、小さなダイヤモンドをリングの表面にぎっしりと並べてセットすることで、まるでリングの表面が宝石で舗装されているかのような見た目を作り出します。この技法によって、光の反射が増えて、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出します。パヴェセットされた宝石は、隙間なく配置されることで、リング全体が一様に輝き、非常に華やかで豪華な印象を与えます。豊かで高級感あふれる雰囲気を求める方におすすめのデザインです。

 

エタニティデザイン ~永遠の愛を象徴~

エタニティのイメージ

 

エタニティデザインの特徴

エタニティデザインの婚約指輪は、リング全周にわたってダイヤモンドがセットされているのが特徴です。このデザインは「永遠の愛」を象徴しており、絶え間なく続くダイヤモンドの輪が、変わることのない愛を表現します。ダイヤモンドがリング全体に配置されているため、どの角度から見ても美しく輝き、豪華で洗練された印象を与えます。エタニティデザインは、愛の強さと永続性を重視する人に選ばれることが多いです。

 

婚約指輪のデザインの基本

婚約指輪を選ぶ際に、ソリティア、パヴェ、エタニティ、メレデザインの4つのデザインの特徴を理解しておくことは非常に役立ちます。

 

  • ソリティアはシンプルで上品な一石デザイン。
  • メレは小さなダイヤモンドを使って独特の輝きをプラスするデザイン。
  • パヴェは小さなダイヤモンドで華やかに輝くデザイン。
  • エタニティはリング全周にダイヤモンドを配した永遠の愛を象徴するデザイン。


これらのデザインの違いを把握しておけば、パートナーの好みやスタイルにぴったり合う婚約指輪を見つけるのに役立つことでしょう。